18日の夕刻、メルボルンの姉妹校であるヤラ・バレー・グラマー・スクールの生徒たちと先生が城北に到着しました。各ホストバディーやファミリーと対面し、これから28日までの間、学校生活を共にすることで交流を深めていきます。城北にとっては一番早くから相互交流を行っている姉妹校です。
 ヤラ・バレーの生徒たちは、初めての日本訪問とのこと。何千キロも離れたところで育った若者たちが、心から繋がることで21世紀を牽引する逞しい若者たちが育っていくものと確信しています。お世話いただくホストファミリーのみなさまには、心からお礼申しあげます。
 19日は、全校挙げて歓迎集会を体育館にて行いました。インターナショナルクラブの高校生の司会兼通訳で進行しました。一番長く交流していることから、恒例になりました文化祭にて行われます中学生による英語のスピーチコンテストも、ヤラ・バレー・カップという名称を付けています。引率いただいている先生にもジャッジをお願いしています。
 文化祭は22日、23日ですが、このスピーチコンテストは22日(土)の午後、13時20分から開催します。中学生全員が一丸となって、 speakerを応援します。お時間があれば是非お立ち寄りください。