校長室だより

-一生懸命はよいことだが、休息も必要-  暖冬と言われながらも朝夕は冬を感じ、はや2月になりました。高校3年生はセンター試験も終わり、二次試験や一般入試の出願に向けて、担任や進路指導の先生方のアドバイスを受けながら、着実… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

-素晴らしい新年に期待を―  2019年も残すところ、あと1か月となりました。先月30日には本校の新たな伝統となりつつある、音楽と英語のコラボレーション「サウンド・オブ・ミュージック・カップ」を開催しました。中学1年生全… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

―令和の秋に―  この度重なる台風や豪雨により、多くの方々の尊い命が失われ、いまだに避難所で多くの方々が不自由な生活を余儀なくされておられます。心からのご冥福と、お見舞いを申し上げます。  さて、朝夕の気温も一段と初冬の… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

―Time flies like an arrow―  今年の文化祭は台風の影響で、初日しか開催できませんでした。恒例であり、いわば伝統行事ともいえる中学1年生と吹奏楽部とのコラボレーションをはじめ、多くの催しもの、模擬… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

-恐れることなく、前に―  うだるような暑さも峠を越え、朝夕は涼しい風が頬をなでる季節が訪れようとしています。アンバサダー・プログラムとして通常よりも3週間延長してブリスベンに留まり、一人で英語の世界に身を置き、一回りも… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

―セミの鳴き声―  子どもの頃の8月というと、もっとセミの声が気忙しいほど聞こえていたような記憶があるのですが、長雨や気候変動の影響でセミの活動にも変化が起こっているのでしょうか。それとも、私一人の思いなのでしょうか。 … もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

―ようこそ城北へ―  ついに今年も梅雨に入り、各地で大雨をもたらしている様子を報道で目にすることが多くなりました。大きな被害が出ないよう心から祈るばかりです。  さて、今年は5年前から準姉妹校として相互交流を行っている、… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

~夏の到来を告げるビワの木~  本校の校庭やグラウンドの周りにはたくさんの木々が植樹されており、最上段のグラウンドまで登る間に、卒業記念樹がたくさん植えられているのを目にします。58年目を歩いている城北ですが、これまでの… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

~平成から令和へ~  今年の入学式は、数年ぶりに校庭の桜の花が満開で新入生を迎えてくれました。花は散ってしまいましたが、鮮やかな緑の葉をしっかりと張り、年号が変わるこのタイミングでまさに新緑の5月を喜ぶかのような印象を与… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

〜I’m OK. You are OK〜  新しい年度「令和」が始まります。校庭の桜も新しい中学1年生、高校1年生を待ちかねたように、何ともいえないあの淡いピンク色の花びらを満開に咲かせ、入学式を心待ちにしているかのよう… もっと読む »

つづきを見る »