校長室だより

~ライ麦に学ぶ~  目に爽やかな新緑と言われますが、まさに校庭の木々、花々を眺めていると、この言葉が本当にそうだなと思えてきます。  5月のお便りは、何人かで執筆されているのですが、友道 健先生がお書きになった「ライ麦を… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

 平成30(2018)年度が始まりました。中学1年生、高校1年生のいない体育館での始業式は、ずいぶん広いという印象を持ちました。城北の数ある伝統の一つだと思いますが、先生が何も指示しなくても生徒たちは今は何をすべき時なの… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

 3月1日、高校3年生が巣立っていきました。在校生の「贈る言葉」や卒業生の「決意の言葉」の中には、それぞれ上級生に対する感謝の気持ち、在校生に対する期待を、自分の言葉でしっかりと述べてくれました。  私は、壇上において卒… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

 新しい年がスタートして1ヶ月がたちました。3学期は様々な意味で振り返りを行い、新しい年度に向けて準備を進める学期です。  本校は「国際理解教育」の推進に早くから取組を進め、現在メルボルン、ブリスベン、ハイクリフ(UK)… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

 みなさま、新年明けましておめでとうございます。  平成30(2018)年がスタートしました。どの教育関係の出版物を見ても、2018年はターニング・ポイントの年という標題が踊っています。特に高校教育は新学習指導要領の改訂… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

 12月1日(金)昨年度に引き続き、中学一年生全員でディスカバリー(英語による探求的な学習の時間)と音楽との教科横断的授業発表を行いました。昨年同様課題曲はミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」の中に挿入された… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

~うれしいお便り~  ドリミネーションという言葉が聞こえ始め、2017年も師走を迎え、カレンダーが最後の1枚となりました。今日は、この下半期にうれしいお便りをいただきましたので、その内容をお知らせいたします。以下原文です… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

~レジリエンス~  10月28日(土)は私にとりまして、極めて貴重な体験となりました。それは建築家の八納様をお迎えして「PTA文化講演会」を拝聴し、短い時間とはいえパネリストとして登壇させていただいたことです。  「家」… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

           〜アイランド・トーク〜  文化祭も終わり日々秋の深まりを感じています。生徒会執行部も新しいメンバーとなり、学校全体が残す3ヶ月を充実したものとなるよう動いています。  9月25日には塾の先生方をお招… もっと読む »

つづきを見る »