校長室だより

 豪雨災害の爪痕が今なお深く残っている中ですが、2学期が始まりました。1学期の期末試験から始まる学期も、過去57年間の中で初めてのことだと思います。  さて、2学期は年間を通じて一番長い学期であるとともに、多くの行事が企… もっと読む »

つづきを見る »

 昨年度早稲田大学の鎌田総長に個別にお会いする機会をいただき、早稲田の未来を見据えた大学として進むべき在り方について、じっくりとお話しを聞かせいただきました。早稲田大学の基本的な姿勢として、次のような内容が強く心に残って… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

~何かを始める機会に~  豪雨災害の復旧のさなか、台風12号により被災地のみならず多くの地域で災害をもたらしています。このたびの豪雨災害で被災された方々におかれましては、二次被害等が発生していないことを心からお祈りいたし… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

~心豊かな生徒の育成を願って~  ディズニーランドで働くスタッフには、接客等のマニュアルといったものが用意されていないそうです。そのことを物語るエピソードがあります。  一組のご夫婦が会場内のレストランに入ってこられまし… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

~梅雨の季節に~  例年に比べ桜の開花も早く、少しずつ季節が前倒しになっているような気がします。すでに山口県まで梅雨入りとか、広島県も実質は梅雨に入っているようなここ数日の空模様です。  今年も先生方の授業を見せていただ… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

~ライ麦に学ぶ~  目に爽やかな新緑と言われますが、まさに校庭の木々、花々を眺めていると、この言葉が本当にそうだなと思えてきます。  5月のお便りは、何人かで執筆されているのですが、友道 健先生がお書きになった「ライ麦を… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

 平成30(2018)年度が始まりました。中学1年生、高校1年生のいない体育館での始業式は、ずいぶん広いという印象を持ちました。城北の数ある伝統の一つだと思いますが、先生が何も指示しなくても生徒たちは今は何をすべき時なの… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

 3月1日、高校3年生が巣立っていきました。在校生の「贈る言葉」や卒業生の「決意の言葉」の中には、それぞれ上級生に対する感謝の気持ち、在校生に対する期待を、自分の言葉でしっかりと述べてくれました。  私は、壇上において卒… もっと読む »

つづきを見る »