校長あいさつ

 例年に比べ木々のつぼみも時を焦るかのようにふくらみ、瞬く間に花を咲かせまさに春爛漫の様相となりました。あちらこちらで、新しい息吹を感じる中、今日新たなスタートラインに立ち、今から走り出そうという皆さんをこうして送り出す… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

-高校の卒業式を終えて-  3月1日、233名の高校生が城北を巣立っていきました。政府や文部科学省及び広島県知事の要請を受け、ご来賓の皆様や在校生も出席しない極めて異例な卒業式となりました。例年であれば前日に予行練習を行… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

-一生懸命はよいことだが、休息も必要-  暖冬と言われながらも朝夕は冬を感じ、はや2月になりました。高校3年生はセンター試験も終わり、二次試験や一般入試の出願に向けて、担任や進路指導の先生方のアドバイスを受けながら、着実… もっと読む »

つづきを見る »
校長あいさつ

 みなさん、あけましておめでとうございます。令和2年、2020年の幕開けです。三学期は比較的短い学期ですが、さまざまな意味で新たな階段を登る学期だと思います。  なかでも高校3年生のみなさんは、いよいよセンター試験に臨む… もっと読む »

つづきを見る »
校長あいさつ

 今年も残すところ2週間を切ってしまいました。今年度は元号も変わり、東京オリンピック・パラリンピックの開催もいよいよ来年となります。  今年は教育の世界において大きな変革が議論されてきました。センター試験という名称が、共… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

-素晴らしい新年に期待を―  2019年も残すところ、あと1か月となりました。先月30日には本校の新たな伝統となりつつある、音楽と英語のコラボレーション「サウンド・オブ・ミュージック・カップ」を開催しました。中学1年生全… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

―令和の秋に―  この度重なる台風や豪雨により、多くの方々の尊い命が失われ、いまだに避難所で多くの方々が不自由な生活を余儀なくされておられます。心からのご冥福と、お見舞いを申し上げます。  さて、朝夕の気温も一段と初冬の… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

―Time flies like an arrow―  今年の文化祭は台風の影響で、初日しか開催できませんでした。恒例であり、いわば伝統行事ともいえる中学1年生と吹奏楽部とのコラボレーションをはじめ、多くの催しもの、模擬… もっと読む »

つづきを見る »
校長室だより

-恐れることなく、前に―  うだるような暑さも峠を越え、朝夕は涼しい風が頬をなでる季節が訪れようとしています。アンバサダー・プログラムとして通常よりも3週間延長してブリスベンに留まり、一人で英語の世界に身を置き、一回りも… もっと読む »

つづきを見る »